スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お散歩で発見 ノラ



「み?つけた!」って感じで藪で丸まる
ノラ猫を発見。竹やぶに潜り込んでお昼ね中。
保護色のつもりでしょうが、私には通じないよ?!」
って声をかけたら、20070428213538.jpg
「うるせ?な?」と面倒臭そうに睨まれた。
起こしてゴメン!

黒猫 レモン


この子はレモンちゃんといいます。裏の家の飼い猫で女の子ですが実はこの辺のボス。ともかく強い。うちのみぃは引越してきて、幾度となく戦いを挑んだのですが、どうしても勝てず降参したようです。ある日を境に、みぃは派手に外を歩きまわることはなくなり、レモンちゃんがいないことを確かめてからちょこっと裏庭に出る程度。動物の世界も厳しいな?
高松にいた時はあんなに外が好きで、喧嘩をして怪我で病院にも
行ったけど、こんな精神的ダメージはなかったな。またすぐ外に出かけたもの。ヘビだの虫だの獲物をとって意気揚々と帰ってくる姿も今はなく、ちょっと寂しい。
子供の喧嘩に口出しも出来ないし、しょうがないですけれど。
レモンちゃんも他の猫とはうまくやってるようなので、
みぃはテリトリーに入ってきた許せないよそ者なのかも。
一生仲良くはなれないものなのかな??

煮干の食べ方



そう、君のことだよ!!

わが子のことで「として恥ずべき行為だろ?」と人に言えなかったことがあります。それは、煮干をやると頭と内臓をきれいに残すこと。人間のおやつとして食べているもので、私はありがたく頭からしっぽまでいただくような高級な(?)しろものですよ!!全く失礼しちゃうし、たるもの、きちんと魚は食べるべきだろうってず?と思っていました。
そしたら今日図書館で借りてきた本『ばっか』にそういうが登場しておりました。の風上にも置けぬが案外いるものかもしれないって思いました。時代の流れなのかな?猫も贅沢になっちゃって・・・嘆かわしい!魚を丸ごと食っちゃうような猫に憧れますわ!
猫ばっか 猫ばっか
佐野 洋子 (2001/02)
講談社
この商品の詳細を見る

この本は絵本作家の佐野洋子さんのエッセイ。愛情たっぷりに猫を斜め方向からみた話があれこれ。けっこう笑えましたよ?。

ごっつ、最高!!!



ごっつ、気持ちいいようで・・・

20070313122909.jpg

ゆるみっぱなしの至福の姿!!

20070313122926.jpg

お前の幸せは私の幸せだ???
ごっつ、最高!!!
more...

「ぬたさん」という猫



彼は「ぬたさん」といいます。殆ど毎日、みぃに会いにきます。
野良猫か飼い猫かはわかりません。
目つきは鋭いのですが、とってもおしゃべりボーイで、話しかけるとかわいい声でずっとお話してくれます。みぃの天敵の近所の黒猫ちゃんがくると追い払ってくれるし、みぃが威嚇してもニャーと鳴くだけで、ナイトのつもりでいてくれてるようです。かわいいやつです。
20070301004323.jpg

みぃはいつも上から目線。かわいい女を演じる気ナシです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。