スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【記録】わたしのうたをきいてくれ

朗読とピアノ・シンギングボールとのコラボ開催
  わたしのうたをきいてくれ
   =中原中也の世界=
朗読とピアノ・シンギングボールのコラボレーション


声とピアノとシンギングボールが織りなす不思議な音楽空間。
中原中也の宝石のような詩に色々な光をあて、
全く新しい輝きを引き出します。
どうか、中也が命を託したうたを聴いてください。


日時 7月24日(水)14:00~
会費 2000円 


*松崎好男 うたひがたり
 朗読を音楽ととらえ、「語り」の新たな形を
 想像しようとする自らのパフォーマンスを「うたひがたり」と呼ぶ。
 レパートリーは「平家物語」「おくのほそ道」夏目漱石
 宮沢賢治、中原中也など幅広い。
 喫茶店を中心にライブを行っている。音楽家との共演経験多数。

*末邑わかこ ピアノ・シンギングボール
 ハート、細胞に伝わるひびきを大切にシンギングボールと
 ピアノをかなでるハーモニック奏者。
 シンギングボールとヒーリングストーンを使った
 リラクゼーション整体、体を元気にするレインボーカラー料理も指導。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

静けさの中、シンギングボールの独奏からはじまりました。

そして、うたひがたりの松崎さんの中也の詩が響いてゆきます。
朗読会1 朗読会2

汚れちまった悲しみに・・・
お道化のうた

宿酔
盲目の秋
   などなど全部で29篇。

ピアノは末邑わかこさんのオリジナル曲。

詩のBGMとしてのピアノではありませんでした。

ピアノと詩の朗読が一体となって作り上げる世界は
聞き手にとって、
中也の詩の世界を自由に飛び回る楽しみを深めたのように思います。

 

朗読会の後は、メロンとクランベリーティで輪になって
皆様から感想など聞かせていただきました。

ありがとうございました。


COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。